近年セフレを希望する女性が増えている傾向にあります

koteigazou1近年は、セフレ関係を希望する女性もかなり増えてきています。

もちろん、付き合い方は人それぞれですし、自分が納得した上で付き合うのであれば、セフレであろうが何の問題もないと思います。

しかし、本当にセフレでいいのか、今一度じっくりと考えてもらいたいのです。

と言うのも、一度でもセフレ関係を結んでしまうと、簡単に自分の体を許してしまう体質になるのです。

もっと言えば、都合の良い女性だと思われやすくなったり、セックスでしか魅力を感じてもらえないなど、今後の自分の人生に大きな影響を与えてしまいかねないのです。

いざ恋愛をしたくなった時も、結局セフレの関係で妥協してしまったり、男性に都合良く扱われたとしてもそれで納得してしまい、それ以上の関係にはなれないのです。

もちろん、セフレはセフレ、恋愛は恋愛だとしっかりと割り切れる女性もいるのですが、そこまで意思の強い女性はそう多くはないと思います。

大半の女性が、セフレと恋愛との狭間で苦しんでしまうことになるのです。

ですから、もしセフレの付き合いをしたいと思っているのであれば、そういったリスクがあることも理解しておかないといけないのです。

それを理解した上でセフレを作るのであれば、もはや何も言うことはありません。
出典:【逆援情報】セレブ女性と逆援助交際を成功させるには?過去に逆援をしていた男性の使える交渉術を紹介!

もう一度セフレでいいのかしっかり考えよう

koteigazou2くれぐれも安易にセフレに走ることだけは、避けてほしいと思うわけです。

たとえ仕事を優先したくても、プライベートを大事にしたくても、本当にセフレでいいのかをしっかりと考えてください。

勘違いしないでほしいのは、決してセフレを否定しているわけではありません。

先程も言いましたが、どんな付き合いをするかは人それぞれ自由ですし、セフレの付き合いにもメリットやいい部分はたくさんあります。

ですから、セフレとして付き合うことは全く間違いではありませんし、逆に恋愛関係が正しいというわけではないのです。

でも、逆に言えば正解もないわけですから、セフレとして付き合ったことで、良い人生になることもあればその逆もあるわけです。

だからこそ、まずはじっくりとセフレという関係を把握して、自分はセフレの付き合いをしても大丈夫なのか、そこを意識しなければいけないのです。

もちろん、これは女性だけに限らず、男性にも同じことが言えるのです。

むしろ男性の場合は、一度セフレにハマリ込んでしまうと、なかなか脱げ出せなくなってしまう傾向にあるので、男女共にセフレに対しては慎重な目で見るべきなのです。